障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS さあ、どうする。

<<   作成日時 : 2011/04/05 12:18   >>

トラックバック 0 / コメント 10

 以下、先日まで受験生だった弟君の「国語長文読解問題集」を見てから書いたものです。

 外出先のお昼時、息子の主張を受け入れて入ったレストラン。重度の知的障害がありメニューの写真からオーダーを決めることができない息子のために、母は彼の好物が彩りよく盛られたプレートを注文。母自身はダイエット中だったので軽いものを一緒に頼んだ。

 それなのに、料理を前にしても息子はなぜか箸がすすまない。へたをすると、大半を残したまま「ごちそうさま」の仕草をされてしまいそうだ。
 一方母は、その時ダイエットが順調でそのペースは崩したくなかった。そうでなくとも、いくらヘルシーメニューとはいえ息子の分までたいらげるのは無理だ。

 しかし、母は常日頃から「つくった人を悲しませるから、代金を払うとはいっても外食でのお残しは家の食事以上に許しまへんでぇ〜」と言っている。
 それに、初めて入った所なのに、店員さんが障害のある息子にとても優しい気遣いをしてくれた。これで大量お残しをしてしまったら、人としてどうか。それ以上に、確実に客としての障害者の評価はマイナスになる。
 つまり、この時この親子は全障害者を代表しての対応を迫られていた、ともいえた。
 さらに、その日は人間ディスポーザーたる父親と次男もいない。


 問題 この時の、母の気持ちを次のうちから選びなさい。

 @ ああ、あの雑食父子のありがたみをこんなふうに思い知るなんて!
 A だいたい、あなたがここに入りたいって引っ張るからここにしたのよ。何考えて・・・いや、考えてないよね、多分。
 B 昨日のお昼がギョーザだったから今日は違うものにしましょう、なんて言った私も迂闊だった・・


 回答・・・・・全部

 で、どうしたかというと。
 待ちました。辛抱強く、「食べなさい」と促したり小皿にとって食べ易くしたりして。

 最終的に、ほぼ完食することができた。その料理が好みではなかった、というわけでもなく、気分の問題だったようだ。時々そういうことはある。
 「K君これ食べないの?俺、もらっていい?」「もったいないなぁ」といいながら敗戦処理をしてくれる夫と弟君の不在が痛かった。
 
 反省すべき点は、たくさんありましたね。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。通りがかりのものです。
とっても読みやすい文章、内容に惹かれ今日初めて読ませていただいたのですが大半の過去のものも読みました。素敵な家族ですね。
ご家族の歩みやお母様の考え方を読ませていただき勉強になりました。
私は新婚、夫の妹が障がい者です。
今はその義妹(30代)の今後が不安、また相手の仕方、とらえ方がわからず戸惑っています。また義両親に対しても義妹に対しての態度をどうとっていいのか迷う部分があります。
これを言ったら失礼か、でも聞きたいといった感じ。。
器が小さく恥ずかしい話ですがいきなり全て受け入れる事も出来ていません。
リンク先URLは私が質問したものです。もしよろしければ目を通していただけるたらと思います。
突然初めてでコメント失礼致しました。
pooh61
URL
2011/04/05 20:15
全障害者の代表、たまになってしまいますね^^;
気を遣って率先して動き人当たり良く失礼の無いように明るく振舞い・・・人の顔色を伺うのは正直しんどいですね。
でも良くしてくださる人にはやはりいい印象を持っていてもらいたい。
障害児と言っても特別性格が良い子でも悪い子でもなくごく普通の子と思うんですが、その人のイメージが自分の子供で決まってしまうとなるとプレッシャーですよね。
もよこ
2011/04/06 08:10
pooh61様
 はじめまして。リンク先も読ませていただきました。先のことを考えれば、不安ですよね。
 義妹さんにお会いできないし他のご家族についてもわかりませんが、文面を見ると「言葉が話せる」ということから見てうちの子よりは知的レベルは高そうです。(うちは最重度判定が出ています)
 不安があればご主人やそのご家族にはっきりと手帳の判定などを聞いた上で少しずつ義妹さんの将来について話し合ってみてはいかがでしょう。詳しいことを教えてくれないなら、案外お兄さん夫婦に負担をかけない決意や準備をしてくれているのかもしれません。関わりたくない、少しくらいは手助けしたい、できる限り支援したい、ご夫婦の気持ちがそれらのうちのどのあたりなのか、それにもよると思います。
 器が小さいなんてこと、ありません。すぐに受け入れて冷静になれる人の方が少ないと思います。ご家族の幸せをお祈りします。
tomoko
2011/04/06 12:11
もよこ様
 >良くしてくださる人にはやはりいい印象を持っていてもらいたい
 そうなんですよね。味方になってくれる人を減らしたくない。フォローする親の印象で子供に対するイメージが左右されるって、本当によくあります。慎重にならざるをえません。
 でも、親切にしてもらった時の感激とかはとても心地いいので、こちらもきちんとしなくちゃという気持ちになります。
tomoko
2011/04/06 12:17
あ〜判ります(^^;)なんかこの親切を仇で返したくない・・ってとき、ありますよね。
でも、当人はけっこう気分やで、「食べたいっていってたじゃん」って言いたいことも多々・・・うちはこの頃は大分少なくなりましたが、たまにやはり似たようなことがあり「母子のときは」困ってしまうことがあります。

ただうちの旦那も同じ人間ディスポーザー(^^;)喰えと言われればいくらでも入る(^^;)ある意味旦那の有り難みをそ〜いうところで感じますわ(^^;)

でも「おのこし許しまへんで」は大事ですよね。障害があってもなくても。食べものは大事にしたいです。
ちえのすけ
2011/04/06 15:04
コメントへの返事ありがとうございました。
夫家族の中では親が面倒みれなくなったら通所から入所、たまに面会に行ってくれると嬉しい、費用は親が貯めていると説明を受けているとの事でした。でも夫は判定結果や後見人制度など詳細を何も知らないのです。(夫は大学から一人暮らしで家を出ています。)今度聞こうで終わり。今に至ります。
簡単に入所出来るのか?親が手放したくないのか、費用は賄いきれるのか。。など
私が不安なのは詳しい事がわからないから余計であると思っています。

tomokoさん次男くんへの考え方やお話を読むと夫も昔こんな感じだったかなあなんて思いました。義両親も背負いこむ事を強要はしていないので。
障がい者きょうだいの方の悩みなど本やインターネットでありましたが夫は何もネガティブな事は言いません。妹を大事にしています。小さい頃からお世話してきたとは言ってました。私に義妹が失礼な事をすると後で家で謝ってきます。義妹がいたからこそ夫は気遣いできる優しい人であると思います。義理の両親もまじめで優しい方々です。
ただ30代の義妹へちゃん付けで呼んだり、ご飯は好きなものだけ食べさせたり(残し放題)、家にいる時だけかもしれませんがやや過保護な気がします。指示待ちです。
まだまだ勉強が足りません。正直どっぷり同居でお世話は勘弁したいですが、関わらないは出来ないので理解はしていきたいです。

はじめましてなのに自分の事ばかり話してしまい大変失礼しました。この事を周りに話せずもやもやしていたので。本当にありがとうございました。
pooh61
2011/04/06 16:58
ちえのすけ様
 まったく、「この間はこれバクバク食べてたのに〜」とか、よくわからん気まぐれに振り回されます。言葉である程度弁解でもしてくれればわかるかもしれませんが、それは無理なので・・
 ありがたいですよね、人間ディスポーザー!最終目標、家族単位でいいからお残しは許しまへん!、てことで。
tomoko
2011/04/07 12:16
pooh61様
 たしかに、ご主人はうちの次男と似ているかも。悪い方には考えない、深刻には見えなくても、妹さんを大切にしていらっしゃるようだし。多分、ご両親が、ご主人の成長過程で妹さんの存在が邪魔にならないように気遣ってこられたのでしょう。家族がつい甘やかしてしまう、というのはよくあることで、実は私も耳が痛い(笑)。でも、学校や施設の職員さんとか第三者が注意や指導もしてくれるしそのあたりは義理の仲、と割り切って、不快なことがあったら言おう、でもいいのではと思います。ご夫婦が負担に感じない程度に助けてあげる、くらいに気軽に接してくれれば、私が親なら充分ですよ。
tomoko
2011/04/07 12:30
何度もすみません。
このブログを読ませて頂いて、またコメントをいただけてとても嬉しいです。
私は今分からないから不安、なかなか義両親や夫にも聞けない、けど気になる状態だったので。
行政の事や現在の状態を徐々に勉強していきたいです。
本当に本当にありがとうございます。

pooh61
2011/04/08 03:56
pooh61様
 少しでも、お役に立てたとしたら嬉しいです。ご夫婦で、してあげたいと思う支援を無理なくしてあげてください。きょうだいの配偶者という立場でいろいろと考えてくださっている気持ちが、親としてはとても嬉しかったです。
tomoko
2011/04/08 20:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
さあ、どうする。 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる