障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 待ち時間

<<   作成日時 : 2010/07/08 12:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 いつもお世話になっている歯医者さんで、Kの歯石取りとフッ素塗布をお願いする。

 予約時間にも気を使ってくださるので長時間待つことはめったにないのだが、たまには退屈そうなしぐさを見せるK。そんな時はたいてい待合室に備えてある雑誌を手に取りたがるのだがそれを許すわけにはいかない。ひたすらパラパラとめくり続け、クシャクシャにしてしまうから。

 だから、あらかじめ似たような雑誌を持参する。ごく普通の中綴じ週刊誌ならなんでもいい。K本人は。

 その日はたまたま自宅に読み終えたその類の雑誌がなかったため、書店に寄って買っていくことにした。グシャグシャにされた後で私が読めばいい。

 さて、選定。
 新聞社系一般雑誌は待合室に同じものがよくあるので誤解を招く。女性誌は判型が微妙に違う。
 ビッグコミック系はねえ、ここにあるのは読んじゃったし。
 やはり、私が内容に興味を持てないものは、なんか買うのがもったいない、というか。

 ただ、その日は蒸し暑い日で私の体調も悪く、判断力がやや微妙になっていた。

 「あ〜、『サンレッド』読めるからこれでいーや」
 と、それ以上のことは何も考えず「ヤング●ンガン」購入。しかし。

 しばらくして冷静になった頭で考える。
 歯医者の待合室で、隣に座った高校生の息子が水着のグラビアアイドルが表紙になった萌え絵作品の多い漫画誌を真剣に眺め、時々クスクス薄笑いしている、という状況に、私は耐えられるのか。

 でも、「偽書ゲッター」が載っているというだけで「ヤン●アニ※ル」系のあの本を選ぶ、ということをしなかったあたりは我ながらまだ理性の欠片は残っていたらしい。あれは、眺めているページによっては隣にすわった女性に「セクハラだわ!」と叫ばれても言い逃れできない。
 
 結局、表紙にあの「バカンス中の聖人コンビ」が描かれているありがたい漫画誌をあらためて購入。

 まあ実際のところ、Kをちょっと見るだけで周囲はたいてい「あ、そういう子ね」とすぐ察してくれる。でも、だからこそ手にしている雑誌のジャンルくらいで余計な誤解や失笑を招きたくないわ。

 自意識過剰な小心者の母です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
待ち時間 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる