障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS やはり荒れます、春。

<<   作成日時 : 2009/03/31 18:06   >>

トラックバック 1 / コメント 6

 卒業式を終えて春休み、このところKの精神状態はかなり不安定だ。

 ただでさえ春先は不調になるのに、自分と周囲の環境が大きく変わるということを感じ取っているのだろう。ねえ、どうなってるの、どうなるの、と問いかけるように、訴えるようにやたらと私や夫、学童の指導員さんにぴったり張り付く。自傷行為を繰り返す。家からなかなか出たがらない。

 高校生になろうとする男子にずっと腕をとられ、移動するにもずるずる引き摺る状態。ヘルパーさんにお願いする時は座り込んで抵抗するが、あなたとずっとひっついて座ってるわけにはいかないのよ、お父さんもお母さんも。

 新学期になって通うのが、本人も慣れており先生もこういう状態を経験している今までの支援学校中学部ならば、「学校さえ始まってくれれば・・・」と思うこともできる。しかし。

 新学期から彼が通わねばならないのは、全く未知の世界である高等部だ。学校の場所も通学方法も違う。同級生の人数も、これまでの数倍はいる。

 先生方だって、知らない人ばかり。Kの個性や状態については中学部から書面で引き継がれるらしいし入学時に提出する書類もあるけど・・・

 そんなものだけで、伝わりきるはずがない。

 でも、先生方はプロだ。それだけのものから読み取れる情報を元に、豊富な経験から適切な対応をしてくれる・・・はずだと信じています。
 そう思わなきゃ、やってられない。

 入学式当日にわかる担任の先生と直接お話して、なおかつ毎年作ってヘルパーさんにお渡ししているサポートブックも差し上げて。できることはやるつもりです。

 桜の花がため息を誘う、そんな春。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
自閉症療育とは
昨夜、久々にNHK総合夜10時から「プロフェッショナル仕事の流儀」を見た。 昨夜のテーマは「プロに学べ!脳活用法スペシャル(これが"育て"の極意だ!)」と、多少興趣を引いたので見た。 茂木さんに言わせれば脳は自身を機能させる事、詰り考える事を望んでいると言う。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/04/01 14:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん・・・心配だし、辛いですね。
明けない夜は無い!冬の後には春が来る!

しばらくは、親子共々辛い日々が続くと思うけれど、でも大丈夫。じたばたしながら、発狂しそうになりながら、でもふと気がつけば平穏な日々も訪れだします。一年経った今ではそう思います。
いざとなったら、親が学校に出向いて、先生を立てながらも参観形式でポイントごとに引継ぎをしてしまうというのもありかな・・・と思いますよ(けっこう手ごたえありました(笑))。
ところん
2009/03/31 23:38
確かにこの時期は辛いですよねえ〜(;;)ただの進級と違い、通う学校が変わるのはかなり不安でしょうし。ひっつかれているtomokoさんたちも大変ですよね〜、お察しします。

対応する先生にもよるかと思いますが、勘の良い先生なら、自然にお子さんのことを理解してくれるように思います、なにとぞ良い先生に当たりますようにお祈り致します(って自分もだ(爆)
ちえのすけ
2009/04/01 10:34
ところん様
 >明けない夜は無い!冬の後には春が来る!

 まさにそのとおり、これまでだっていくつもの夜が明けてきたのだから、と思うことにします。最初のうちは、まめに連絡をとったり送迎の時にいろいろお話したり、とできることをするしかないですね。じっと夜明けを待ちましょう。
tomoko
2009/04/01 11:56
ちえのすけ様
 先生がどんな方か、それにも大きく左右されますから、期待していいのかどうかもわかりませんね。でも、地域の特殊教育のPTA活動などで知り合えた先生方もいるので少し期待しています。ネットワークは作っておくものだ、と感じました。息子さんも良い新学期が迎えられるといいですね。春は心休まりません。
tomoko
2009/04/01 12:01
昨夜プロフェッショナル仕事の流儀を見て、自閉症版に書上げました。長いですが参考にしていただければと思います。
Hbar
URL
2009/04/01 13:50
Hbar様
 ありがとうございます、参考にさせていただきます。
tomoko
2009/04/02 12:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
やはり荒れます、春。 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる