障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「障害者自立支援法 改正への課題」NHK福祉ネットワーク

<<   作成日時 : 2008/12/05 22:17   >>

トラックバック 1 / コメント 4

 油断して、3回シリーズのうちの初回を見逃した・・・障害者自立支援法の成立から3年、見直しに向けて現状と問題点を振り返る、というテーマです。

 負担増で生活が苦しくなった障害者本人、制度の変化で運営が困難になった事業所、受けられるサービスの地域格差から転居して家族と離れて生活する親子などが例示されましたが、やはり見どころは最終日の討論。
 過去のこのシリーズでも登場した「支援法の成立に携わった人」と「障害者側の人」(こういう表現しかできないや)が意見を出し合います。

 以前の討論の時と同じことを感じました。

 障害者とその関係者(当事者)とそれ以外の人々の間にある、薄い、でも破れない皮膜。番組中のお二人の意見はその皮膜ごしにやりとりされている。

 「食事、排泄、移動など、生きていく最低限のことすら『利益を受ける』としてお金を払わねばならない」 当事者は、それは理不尽だと訴えます。

 しかし、正直
 「○○さんに希望通りの支援をすると、年間**円の予算が毎年必要です」
みたいな事実を直に見せられるとちょっと「えっ」と思う人も多いでしょう。

 こういう番組をすすんで見ているのは当事者やその周辺の人々が多いと思われるので、これをはっきり提示しちゃうところは、ある意味公平な番組構成だと思う。「それ以外の人々」の立場で考える材料だ。

 うまく言えないが、

 「障害を持って生まれたのは、本人のせいではない」
 「でも、他の誰のせいでもない」


 両者を隔てている皮膜は、このあたりだろうか。まあ、確かにそれはそうなんだけど。
  
 だから、結局どうしたらいいの・・・という平行線。
 「誰のせいでもないのなら、みんなで力になりましょう」というのが福祉のはず、というのは正論。でも、今の社会はそれをきっぱりと貫ける状況ではなくなってきているようだ。
 
 一部負担そのものは、応益でなく応能に戻してそれぞれができる範囲で・・・でいいと思う。ただ、事業所の運営やそこで働く人々の負担を減らして、支援そのものを受けやすいものにしてほしい。
 少ない不安定な収入で、利用者のために無理な運営や労働をしている事業所やヘルパーさんを見ていられないし、そんな状態で理想的な支援など求めることはできない。

 自立支援法自体が公費削減目的の法律だ、という指摘もあった。

 でも先日、行政支出総点検会議とやらで公益法人への支出を抑えて無駄(3500億円ですって!)をなくせる、という報告を見た。素人の発想だけど、その金額のごく一部でいい、福祉にまわしてもらえたら。

 3500億円か・・・うちの親の会なら3億5000万もあれば、ハコモノ作って法人格とって地域支援事業に認定されて・・・いや、ハコモノは後回しで賃貸から、とすれば3500万でもいいんだけど・・・
 お金の単位が1000万をこえるとよくわからなくなる程度の庶民です、はい。

 とにかく、「たくさんくれ」と言っているのではない、「必要なものをください」と言いたいのです。そう、頼ってばかりではない、真の自立をするために。

 ハンデを補う手段や代償のすべてを公に求めているのではない。努力しても届かない部分に適切な支援をいただける「支援法」であってほしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
来年 2009年度の生活保護費が、12月25日に、入金されるよ!!
 年の瀬まっさかり、いかが、お過ごしでしょうか? ...続きを見る
アダルトチルドレン 自分の生きる意味を、...
2008/12/22 10:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いろいろな意見を聞いて、いろいろな数字を見て・・・ますます混乱して、どういう支援策を望んだらいいのか、実現可能なのか、どんどんわからなくなってしまっています。地方分権が進むと、どんどん福祉が切り捨てられたり、地域格差も大きくなっていくのかなぁ。
障害のある長女ももちろんですが、障害のない長男の就職や将来もとても不安。いつの頃から、こんなにも子供の将来が不安な世の中になってしまったのでしょう。
ところん
2008/12/06 00:09
ところん様 
 年末に職を失いかけている人々が訴えている姿を連日ニュース等で見るにつけ、誰にとっても厳しい時代になりつつあるんだな、と実感しています。障害がなくても生き辛い社会で、若い人や自分の子供達は希望を持てるのか。持てないとしたら、福祉に関心を持ってもらうのはさらに難しいと思います。どうなるのでしょうね。
tomoko
2008/12/06 12:48
自立支援法って、かなり悪質なんですよ。自立を支援すると言えば聞こえが良いけれど、実態は障害者に払う金を減らしていくための法律。
私はねー、「○○さんに希望通りの支援をすると、年間**円の予算が毎年必要です」とかいうこの手の文言が、凄くうさんくさく感じるんです。個人で払うなら膨大な額でしょうが、国が払うなら全くたいしたことない額なんですがね。
3500億。くだらない。国債を無効にすればその百倍の金が浮く。そのうちの何割かでもつぎ込めば、福祉の問題の殆どは解決する・・。
アッキー
2008/12/08 04:53
アッキー様
 >実態は障害者に払う金を減らしていくための法律
 実際そっちが主な目的だろうな、と思えます。改革、改革と叫ばれてきましたが、誰のためのどんな改革だったのか。職を失う人々、その人たちを部品のように扱っているような大企業。これが結果だったとすれば、悲しいです。
tomoko
2008/12/08 12:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「障害者自立支援法 改正への課題」NHK福祉ネットワーク 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる