障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS がっかりされる障害者

<<   作成日時 : 2008/12/27 14:04   >>

トラックバック 1 / コメント 2

 ETVワイド ともに生きる 12月6日放送
 【大阪発】こんな福祉番組が見たいねん!−きらっと改革委員会・発展編− 


 録画して、少しずつ見ています。

 要するに、私がここで毎年あのチャリティー24時間番組についてブツブツ言っているようなことを、NHK教育テレビの番組「きらっといきる」のスタッフや取り上げられた障害者達が「それでいいのか」と考える、というもの。

 以下、番組ホームページより引用。

 いつも明(あか)るく、前向(まえむ)きで、何(なに)かに懸命(けんめい)に挑戦(ちょうせん)している…。
テレビの中( なか)で障害者(しょうがいしゃ)は、多(おお)くの場合(ばあい)、そう描(えが)かれます。
いったいなぜ?

 そして、そんな姿(すがた) ばかりが強調(きょうちょう) して紹介(しょうかい) されることは、障害(しょうがい) のある人(ひと) とない人(ひと) が“ともに生(い)きる”ためには、プラス?マイナス?

 そもそもテレビが果(は)たす役割(やくわり)って何(なに)? どんなこと??
 


 引用終わり。
                                              
 忙しくてまだ2時間ある番組の最初の30分しか見ていない。全体の感想は見終わり次第じっくりまとめて、と思っています。

 でも最初の30分を見た時点で、ちょっとこれはどうよ、とひっかかる部分がひとつだけあった。
 最後まで見ればまた違うのかもしれないけど、なんかもやもやするのでとりあえずここで突っ込ませてください。

 上記のテーマで、放送時にカットされた「共感を得られそうもないと判断された」障害者の様子(喫煙、飲酒等)をあえて放送し、その感想を視聴者から募った。その中で、こういう言葉が紹介されました。

 「驚くと同時にがっかりしました。いつもこの番組から勇気をもらって『よし、私も頑張るぞ』という気持ちがおこり、一週間頑張ることができるのです。『きらっといきる』は『きらっと』に意味があるのです。」

 ・・・・えーっと。突っ込む方向を選ぶのにも気を使うご意見ですね。

 ここで取り上げられているのは主に身体障害者の方らしいので、重度知的障害児の保護者とは感じ方も違うかもしれない。でも。

 頑張っている姿を見て勇気がでる、と言われるのは嬉しいと思います。
 でも、ちょっと頑張りから気を抜いたところで「がっかり」されてしまうのは悲しいのでは

 ずっと頑張り続けろ、頑張っているところしか見たくないというなら、感動させるために作られたドラマや映画だけ見ていてほしい。

 障害を持ってる人は、あなたに感動やら元気やらをあげるために生きてるわけじゃない。
 ただ生きていく、それ自体を継続させることにちょっと頑張りが必要だからそれをやっている。

 
 やりたくてやってるわけじゃない。誰かに褒めてもらいたいなんて思ってない。
 テレビに映っていなくても血の出るような日々を送ってる人もたくさんいる。

 それとも、「公的な支援を受けているならわがまま言ったりぬるい生活してないで、頑張っている姿で世間を感動させろ」ってことかしら。・・・・こんな発想しちゃう自分もかなり下衆だわな。

 最近よく聞く「チャレンジド」というのは「挑戦する使命を与えられた人」という意味だとか。
 好きで挑戦しているわけじゃない。そんな使命、ありがたくない。戦いなど挑まなくていい平和な生活がしたい。
 
 当事者でなく親だって同じ。我が子のことだから必死になる。
それでも、心が折れそうになって鬼になりかけることだってある。そんなこともまた、がっかりされちゃうんだろうな。

 ただ、クローズアップされた投書文をよく見るとこの「がっかりした」投稿者もやや障害、というか慢性疾患を持っているらしい。(はっきりと映らないけれど)そうだとすると、心情的にわからないでもない部分もちょっとあります。
 あえてそこをカットし、私のような人に対する格好の釣り針にしたとか。

 今日(26日)に「反響編」が放送されたそうです。録画はしたけどやはりまだ見てません。番組の本来の趣旨に関しては、それも含めて全部見てからゆっくり感想をまとめてみたい。
 その大半は未見、という状態でここまで書いて、最後まで見たら納得できるオチがついていた、というのなら本当に申し訳ありません。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[Text]障害者って「善意の人」のズリネタじゃねえんだけどな
同じ人間だよ。ポジティブなときもあればネガティブなときもあるし、聖人君子じゃねえ。 がっかりされる障害者 http://tomokz.at.webry.info/200812/article_12.html  要するに、私がここで毎年あのチャリティー24時間番組についてブツブツ言っているようなことを、NHK ...続きを見る
NC-15
2008/12/28 03:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ、ブログ村から来ました。確かに番組も様々な方向から障害者に対する番組、意見を放送してほしいでしょね。
福祉の仕事・資格取得の為の「超」ガイド
URL
2008/12/27 16:40
福祉の仕事・資格取得の為の「超」ガイド 様
 そうですね。NHKでは福祉関係の番組も多く製作されているので、こんなふうにいろいろな切り口のものを期待したいです。
tomoko
2008/12/27 20:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
がっかりされる障害者 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる