障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ぼくらはみんないきている

<<   作成日時 : 2008/06/30 12:13   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 酷暑を迎える前に毎年やっているのが、家のまわりの草むしり。除草剤は使いたくないので、大雑把ではあるが軍手をはめて黙々と。

 わしわしと根っこから引き抜いたり塀にからまる蔦をはがしたり。ついでに床下にシロアリ避けの薬をまき、ゴキブリよけも仕掛ける。この作業を梅雨明けの炎天下でやるのはごめんだ。

 こういうことをやっているまさにその時、草や虫になんか悪いなあ、とか思ってしまう。カマトトぶってるんじゃないわよ、今更何いってんの、と自分で突っ込みながら。

 しかし実際のところ、ただ条件がいいところに生えたり湧いたりして生きている、繁殖しているだけであり、それは生命として基本の使命。
 でも、ごめんね、我々人間はその「基本の使命」を全うするために面倒なことをいろいろクリアしたり排除したりしなくちゃならなくなった。生きるのも繁殖するのも条件がキツイ種族なのよ。

 住居が傷む、虫刺されでアレルギーになる、夏場の不衛生で体をこわす、こういうことが軽視できないの。家の修復も医者通いも、日々を細々生きている人間には致命的なこともある。

 人がごく普通に生活する上で最低限必要な条件て、数え上げたら次々に増えてしまって結局「最低限」ではなくなる。つい欲張りになってしまう。

 大昔の世界みたいになって、ほら穴に住んで狩りをして夜は雑魚寝で、みたいな生活で充分というなら面倒なことはずっと減るだろうし、見慣れた雑草や虫にいちいち神経を尖らせることもないだろうな。

 ついでにいわせてもらえば、そんな世界ならKみたいな人だってなんとな〜く自然に居場所があるのかもしれない。従わなければいけないものや、様々な基準も少ないだろう。

 まあ、気にもされないということは守ってももらえない、ということだから。真っ先に天災や飢餓の犠牲になることも当然予想される。

 それでも。
 そんな世界ならば、多分親も周囲の人々にも、もしかしたら本人にとってもそんなことは想定内であり、運命として静かに受け入れておしまい、ではないだろうか。
 生きる上で縛りがない、というのはそういうことのような気がする。

 悲しいとか苦しいとか辛いとか、そういうことが怖いとか嫌だとか思えないというのは楽だろうな。
 
 どんなふうに生まれてどんなふうに死ぬかなんて考えてないしいつそれがあっても当然、の世界。
 ああ、雑草と虫だ。アリやムカデは多分、自分が生んだ個体が踏み潰さるたびに悲しんではいないと思う。

 わずかな時間の草むしりの間にこういうわけのわからん妄想ができる自分にあきれつつ飲む、労働の後の缶コーヒーは最高に美味しかったです。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も先週お隣との境の草むしりをしました。長袖長ズボン、首にはタオル、頭には目深にかぶった帽子、腰から蚊取り線香をぶらさげて…。
(前庭はジャングルのように雑草が生い茂っていますが、さすがに境の部分だけはやらないと…ねぇ)
風で飛ばされた植木鉢の受け皿に水が溜まっていて、その水にボウフラがわいているのをみてゾッとしたりして…(^^;
わずかな生きる場所にしがみついて、生きている命たち。私たちも大いなる宇宙から見ればちっぽけな命ですよね。
もしかしたらつぶされたムカデを見て「あぁームカデ2号が怪獣に潰されたー」なんて泣いているかも?「ゆけっ!ウルトラムカデッ!」なんてヒーローが生まれたりして、、、
こんな妄想しながらの草むしりなら、ちょっと楽しいかも?!
リンコ
2008/07/01 12:21
リンコ様
 虫除けスプレーも必需品ですね。いろいろと武装してとんでもない格好の時に来客があったりすると、本当にあわてます。草と一緒にわらわら姿を現す虫たちも、もしかしたら私たちの作業の時に「破滅招来体だー」とか「侵略だー」とか言ってパニクッているのかもしれませんね。
tomoko
2008/07/01 12:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ぼくらはみんないきている 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる