障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 因果は巡る、と言われたら

<<   作成日時 : 2008/02/20 12:25   >>

トラックバック 1 / コメント 18

 「障害のある子を授かったのは、あなたの前世に罪業があるからです」 

 こういうこと、もしくはそれに類することを言われたという話は時々聞く。

 直接言われたことはないが、さすがに初めてこの言葉を聞いた時は悔しかった。

 でも、最近はさすがに腹も立たなくなりました。

 自分の前世など知らないし、あえて知ろうとも思わない。だいたい前世というものがあるのかどうかも私には確かめようがない。残念ながら。
 でも、もしも私の「前世」というものが罪にまみれており、我が子の障害になったのだと言われたら。

 「では、苦しくてもこの子をしっかり育てることがその償いになるということですね。私は因果を断ち切る禊のチャンスを与えられたのですね。なんてありがたいことでしょう。」

 そして、

 『障害が治るという万能薬や食品』とか『ご利益のあるありがたい品』などの力はあえて借りません、自分の力で苦労します、楽をしたら償いになりませんものね、ご心配ありがとう。」

 というようなことも言わなきゃいけないかな。因縁話って、「そういうものを勧めてくれる親切な人」から言われることが多いらしいと聞いたから。

 ご厚意を上手に辞退するのは難しいですね。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
保護者は感情的にならず向合う態度を
我がサークルのmama-iyaさんからトピック悩みに書込みがありましたので考察を紹介したい。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/03/03 12:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
私も直接言われたことはありませんが、ある有名な占い師の方の本を読んでいてお墓やら仏壇やらの在り方で、自閉症の子供が生まれやすいなどと書いてあって、もう一気に興ざめしてしまいました。

バカバカしい…

それなら、その方の言うことをパーフェクトに実行したら自分の家系に障害者も病人も自殺者も犯罪者もなく未来永劫幸せに生きていけるのでしょうか…?

どうしても納得できないし、自分のことはほっといてくれ!!って思います…(^^;)

せいじ
2008/02/20 14:26
昔、「障害児が生まれると(or事故や病気で障害児になると)、どこからか聞きつけて“これを買えば治る”“偉い先生に拝んでもらえば治る”と言う人が家にやってくる」という話を聞き、当時は「えぇ〜??本当に?」と思っていたのですが・・・
自分が障害児を産んで、障害児を育てている色々な方のHPやブログを読ませて頂くと「勧誘に来た」「売りに来た」と書いている方がいて「本当なんだ・・・」と知りました。
幸いうちにはまだ来ていませんが、これから気を付けないといけないですね・・・(^-^;)
ひかまま
2008/02/20 22:08
tomoko様
おはようございます。
う〜ん
因果合法ですか?
私が小児麻痺を発症した時に
ある宗教を信じられる
方たちが、日夜 母に
そのような事を話し 入信?
を進めたことを今でも
聞きます。
母は、弱みにつけこむ
手法には、屈し無かったようですが、
精神的に弱っている方は、
やさしくされると、洗脳されると
負ける方もおられるでしょうね。
本当に人間不信に
なってしまいます。
悪い人ばかりではないですが、
私は見抜けないです。
ですから人を遠ざけて
しまいます。
的外れなコメントに
なってしまいました。
御邪魔しました。

主夫 見習い中
2008/02/21 09:56
うちは幸いいままでその手の勧誘などには逢ったことはないですが、知人のお子さん(ダウン症)が連れだって電車に乗ってたところ、先に降りていった人が黙って膝の上に宗教の本をおいていったのにひどく傷ついたとのことでした。今前世などテレビで語るかたもいますが、だからどうなの?と言いたくもなります。本当に大事なのは毎日すごす現実なのにねえ〜。お互い右から左へ受け流しましょうね〜(^^;)
ちえのすけ
2008/02/21 10:16
せいじ様
 お墓や仏壇と自閉症の関係なんて普通思いつきませんね。心を穏やかに保つために宗教を求めるのは悪いことではないと思うけれど、納得できない決め付けをされるのはやはり不快です。風水マスコットとか実は飾っていたりしますが、やってみようと思えるのはそのレベルまでかなあ。気休めですが宝くじくらいの期待値で。
tomoko
2008/02/21 12:43
ひかまま様
 そういうものがまた、かなり結構なお値段らしいですね。でも、藁にもすがりたい気持ちの時は「もしかしたら」と思うんですよね。サプリとか健康食品なら少なくとも毒にはならないかな、と思っていましたが最近はそうもいえないようだから、やはり気をつけたいです。
tomoko
2008/02/21 12:48
主夫見習い中様
 辛い時に優しい言葉をかけられると弱いですね。でも、屈しなかったお母様は冷静で思慮深い方なのだと思います。いろいろ励ましてくれていい人だなと思っていたら、特定宗教の入信を勧められたという話も聞いたことがあります。なかなかわからないものです。
tomoko
2008/02/21 12:54
ちえのすけ様
 面倒なのは、そういうお誘いを本当に心から厚意でしてくださる方なんです。商品売りたさとかではなく、自分がありがたいと思うもののご利益を分け与えてあげたいという善意のみが動機、という場合。もしかしたらその本を置いたのもそういう人だったのかもしれませんね。でも、障害児を連れているだけで「不幸、かわいそう」の認定もなんだかな、ですが。まあ、すべて右から左、ですね。
tomoko
2008/02/21 13:01
いその母も似たような事をいわれていたような気がします。いその障害を治したいがため、色んな病院に通って、宗教にもすがりました。前世でも親子でいそに障害があったらしく苦労したと言われて“私のせいだ”とかなり落込んでいた頃があります。でも、いその障害の原因はそこじゃないと思います。信仰心は大事だけど、そこに“商売”はいりませんから。
いそ
2008/02/21 23:10
あぁ〜俗に言う霊感商法ですかね。
人の弱みに付け込んで高価な物を
売りつけるんですよね(:−。−)=3
まったく馬鹿げてます。
友人が癌の闘病生活してる時に宗教の勧誘があって祈れば治るって言われたけど自分の精神力で頑張る!って突っぱねたんですよ。個人の情報を何処で知るのか不思議ですね。
ちいこ
2008/02/21 23:23
いそ様
 お母様も悩まれたのでしょうね。でも、今はいそさんも家庭を持たれてお孫さんもできた、安心されていることでしょう。信仰心は、他人を勝手に不幸認定したり商売にしたりするものではないと思います。
tomoko
2008/02/22 12:14
ちいこ様
 迷っている時は悔しいけれど弱気になります。追い詰められた時こそ冷静に、毅然としていなければいけないのかもしれません。でも、難しいですよね。
tomoko
2008/02/22 12:20
私もガンで入院していた時に、見舞い客を装った宗教の勧誘にあったことがあります。
彼らの理論で言うと私は2回も罪を犯しているのに、転生してきているんですね(笑)
信じている人が勝手に祈っているのまで止めませんが、それを人に押し付けないで欲しいものですよね。
それを押し付けることによって相手が傷つくかもしれない、ということを信じている神様は教えてくれないんでしょうかね(^^;
リンコ
2008/02/22 14:12
リンコ様
 見舞い客を装って、っていうのがすごいですね。ガンの患者さんの病棟はここのはず、とか調べているのでしょうか。
 神様にすがりたくなったら自分で選びたいし、傷口に塩を塗られるようなことを言われても面食らうだけですよね。
tomoko
2008/02/22 15:16
直接言われた事はないけれど、自分で もしかしたら私が悪い子だったからこうなったのかなぁ?とか思ってた。それか、息子の前世が悪かったからこうなったとか…。 今は、そんなふうには思えないし今のままの息子で良かったって思っています。負け惜しみに聞こえるかもしれないけれど。
 昔、友達が、『うちの子に狐がついてるって○○さんから言われたの、どうしよう?』って言われて…私は、「わ〜、きつねかぁ!良いなぁ。ウチもなにかつかないかなぁ?かわいい動物が良いなぁ?今よりは、ちょっとはおりこうになるだろうし!」なあぁんて言っちゃった。
キョン
2008/02/23 18:45
キョン様
 ああ、うちも狐ならよかったかも。子猫とかならさらに文句なし。
 もしも前世とかが関わっていたとしても、やりなおすことはできないのだから今の自分達が幸せになれるよう努力したいです。子供はかわいいと思えるのだから、それで充分ですよね。
tomoko
2008/02/23 20:30
今、特徴と対策書いています。宜しければ参考にして頂ければと思います。独り善がりの可愛がり方では駄目なんですが。
hbar
2008/04/16 06:09
hbar様
 ありがとうございます、参考にさせていただきます。
tomoko
2008/04/16 14:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
因果は巡る、と言われたら 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる