障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 知的障害者福祉月間

<<   作成日時 : 2007/09/19 12:17   >>

トラックバック 2 / コメント 10

 ・・・だそうです。毎年9月。

 障害児を持つまで全く知りませんでした。そういった一般の人々にいろいろと知っていただくために設定されているのでしょうが。

 そのいろいろを知っていただくために市町村で毎年行われるのが、まあ、なんというか、「パレード」なんですが。全国的なものなのかうちの地域だけなのかは不明。

 パレードといっても別にデコレーションカーを使うとかの大々的なものではなく、養護学校や障害者施設等の関係者が、垂れ幕をつけたワゴン車を連ねて「知的障害者にご理解を」みたいなアナウンスを流しつつ市内を回る。

 PTA役員をやっていると、校長先生や教頭先生と共にこの車に乗り込むわけです。選挙カーでもないので車内から手を振るわけでもなし、手持ち無沙汰に窓から外を眺めるのみ。

 今年は雨。平日の昼間、さほど人通りも多くない道をゆるゆると行く「障害者にご理解を」の行進。

 自分が単なる通行人だったとき、このパレード見たことあったかな。見たとしても、何だろうとか思ったかなまあ、いいや。 
 
 そして、目的地のショッピングセンターに到着。入り口で、PR用のティッシュを配る。これは今年初めての試みだとか。

 「知的障害者にご理解を、よろしくお願いしまーす!」と、日常よりややトーンの高い声で道行く人に呼びかけ、にこやかにティッシュを差し出す。

 ちょっと新鮮だったのは、このティッシュに入ったPRコピーを「何だろう」という顔で見てくれた人が割といたことでした。

 そして、食料品の袋を下げたひとりの中年男性から「これ、何?」と質問。
 
私達「知的障害者に理解を、のお願いです。」
 男性「あっ、そ。俺も、知的障害者なんだよね。」


 笑顔で去っていく男性。軽度の方らしいがこんなふうに自然に自立している姿が羨ましく、頼もしく見えました。

 「今年も終わったね」といいつつ帰る車内。校長・教頭先生のすぐ後ろの席での「本部役員三役」のお喋りは、子供の悩みや療育等ではなく、「最近自分が古本屋で見つけた掘り出し物マンガ」についてだったりする。

 私 「あ、この間、『ワイルド7』の外伝を見つけてね・・・」
 母A「え、それ知らないです〜、少女マンガオンリーだったから」


 その瞬間、校長先生が意味ありげにニヤッと笑ったのを、私は見逃していない。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
こぶし会の集い!
 時計を見ました。もう少しで午前4時。タクシーで帰るアストラム線沿いは対向車もさすがにまばら・・・・・・。  前日の午後6時半に八丁堀にある和食の店に、不思議(?)なメンバーが集まってから、ゆうに9時間半が経っています。 ...続きを見る
徒然の情報
2007/10/02 17:47
働く若者たちの勉強会!
 「こんばんわぁ!」  「よろしくおねがいしま〜す!」  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ...続きを見る
徒然の情報
2007/10/02 17:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
あはは〜、そのオタクな会話が面白い〜♪丁度三役さんが同じ趣味で良かったですね〜♪
パレード、うちの地域ではありませんね〜、年に一度福祉フェスティバルというお祭りみたいなものはありますが。tomokoさんも役員さんとしてお疲れさまでした〜。
ちえのすけ
2007/09/20 09:15
 そのようなパレードは見たことはないですし、当然やったこともないです。
 地域によっては活動の仕方が違うのですね。
 一般の人に少しは理解されたでしょうね。
 お役目が終わっての雑談の内容が良いですね。気を抜くときがあって良いのですから。
yuurakusya&太郎ママ
URL
2007/09/20 10:44
お役目お疲れ様でした〜
このようなパレードは初耳でしたが、地域の皆さんが反応してくださっているようで嬉しいですね。
校長先生…ワイルド7ご存知なんでしょうねきっと。ファンだったりして。

2007/09/20 11:35
ちえのすけ様
 最近の親同士って、たいてい子供の頃はなんらかのマンガやアニメを見ているのでこういう会話ははずみます。福祉のお祭りって、派手にやりにくいという感覚があるのでしょうかなんとなくこじんまり、になりがちですね。もっとパーッと明るくできればいいのにね。
tomoko
2007/09/20 14:27
yuurakusya様
 すでにアピールというよりは「毎年やってるから今年もやるか」みたいなセレモニーになっている気がします。こちらもなんとなく気が抜けちゃって、ついどうでもいい話をしてしまったり。でも、ティッシュの配布などではけっこう気にとめてくれる人もいてよかったです。
tomoko
2007/09/20 14:30
つ様
 「小さなことからコツコツと・・」ということかな、とは思います。うちの校長先生は、何故そんなこと知ってるの、みたいなディープなこと(昔のB級アイドルの名前とかあまりメジャーでない漫画とか)をふっと口にするので油断できません。隠された過去、があるのかも。
tomoko
2007/09/20 14:34
え? 知的障害児の親何年もやってるのに、そんな月間知らなんだ!びっくり!
キョン
2007/09/20 15:24
キョン様
 調べてもいまひとつよくわからないのですが、かなり長く続いていてこちらの地域では毎年キャンペーンをしています。かなり地味、なんですね。
tomoko
2007/09/20 21:26
あ^_^;12月も「障害者月間(だったかな??)」らしいですよ。私も知らんかったのですが...数年前、某NHKの番組へ出た繋がりで、12月の(障害者月間?の)特番への話が来て知りました^_^;事情あって(離婚したばっかりだったののもあって)辞退しましたが。

うちは中途(障害)なのですが、いろいろ目からうろこです(笑)
mirai~
2007/09/23 00:12
mirai~様
 12月については全く知りませんでした。某NHKというと、教育テレビのあの番組ですか?時々見ています。
 中途障害のお子さんは、娘さんなのですね。障害とか福祉の情報って、自分が関係する立場にならないとなかなかはいってこないものですよね。
tomoko
2007/09/23 16:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
知的障害者福祉月間 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる