障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 振り向くのが、こわい

<<   作成日時 : 2007/08/27 13:16   >>

トラックバック 0 / コメント 8

新学期もはじまり、自由になる時間が増えた。ありがたい。

 ありがたいといえば、今年の夏休みは綿密な計画とKの情緒の安定のおかげで実り多いものになりました。序盤ではまだ不安でしたが、好調のままゴールテープを切ることができたようです。

 トイレの失敗も減った、言葉の理解が深まった、自分から要求を出すようになった。言葉がないなりに本人もこちらの意志を理解し、また自分も伝えるコツを少しずつ習得しているように見える。パニックが減った最大の理由だと思われます

 だから、この夏はKと過ごす時間をさほど苦痛に感じなかった。適度に離れる時間を作ったこともよかったのでしょう。

 でも、家の中で一緒に過ごしている時はやはり気が抜けません。

 たとえば私が食事の支度をしている時、Kはたいていその後方のリビングスペースでテレビなどを見ています。
 私は目の前の鍋や包丁とともに、後方にもかなりの注意を向けねばなりません

 何か変わった物音や声、気配の変化を感じ取った時。

 ささいなこと、で終わるのがほとんどなのですが、決して低くはない確率で、惨事が発生していることもある。 

 ・ ジュースのコップをひっくり返している。
 ・ 弟君の本を破いている。
 ・ 鼻血を出し、手でふいて床や服に塗りつけている。
 ・ トイレが間に合わず、その場で・・・


 これに加えて、いきなり自分の頭や頬を強打しはじめるともう、こちらは何もできなくなる。

 背後で何か、を感じた時。・・・・振り向くのが、心の底から怖い
 
毎日が、ホラー映画のヒロイン状態。

 一瞬たりとも目を離さない、なんて不可能。ストレスたまりまくり、です。まあ、慣れてくると腹も据わり、「汚れたら掃除すればいい、それだけじゃん」と開き直れるようになりましたが。

 でも、最近は大惨事もあまり見なくなりつつあります。コップをひっくり返してもタオルを取って懸命に片付けようとしていたり、鼻血が出るとティッシュで必死に拭いていたり。もちろん上手にはできないし、かえって面倒なことになることもあります。

 でも、「自分で」やろうとしているのを見ると怒る気になんかなれません

 「そう、頑張ったね、偉いね。」・・・もう、ニッコリ、甘々。後始末が大変だ、なんてことはどうでもよくなる。

 最近は、気配の変化を感じると不安と同時にちょっと期待もしてしまいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
うちも怪しい気配に振り返ると、息子がなんとか証拠隠滅(笑)を頑張っていたりします。ドッと疲れるけどおもわず噴出してしまうことも。心の狭い私の場合、健常児だけを育てていたら怒るだけだったと思います(^^;)。
もよこ
2007/08/28 20:23
 K君少しずつあらゆる面で成長しているのですね。無事に夏休みが終わってまた普段の生活リズムに戻ることが出来るのですね。その中でもご自分の時間を持ってオタクを楽しんで下さいね。
yuurakusya&太郎ママ
URL
2007/08/29 08:54
私も、娘の障害がわかった後に「あぁぁ・・・ずっと目が離せない子なのだったら対面式キッチンにしておくべきだった!!」とか思いました(笑)
現在(1歳2ヶ月)やっとずりばいをし始めたところなのですが、「おとなしくしているなぁ」と思って振り向くと電器コードやスリッパをかじっていたりします。慌てて止めますが「これがまだまだまだまだ(もしくはずっと)続くのか・・・」と思うとがっくりきます(-_-;)
早く私がニュータイプになって予め察知できると良いんですけどね〜(笑)
ひかまま
2007/08/29 12:14
もよこ様
 そうなんです、その証拠隠滅がまったく隠滅になっていない、むしろ惨事を派手にしていることが多い。あーあ、と思うけどちょっと笑っちゃいますね。私も、子供のおかげでいろいろなことに寛大になれたような気がします。
tomoko
2007/08/29 12:56
yuurakusya様
 最初はこちらも登校のペースを思い出せず、送り出す前の持ち物チェックなどけっこう手間取りましたがなんとかカンが戻ってきたところです。秋は行事が多いので、踏ん張りどころです。
tomoko
2007/08/29 12:58
ひかまま様
 対面式キッチン、憧れます。うちも、気がつくと妙な物を口に入れていて、おもちゃを口に入れていたのを吐き出させたら「部品が足りない・・」という背筋も凍る出来事も。(部品はすぐに部屋の隅から見つかりましたが)
 とにかくひやひやさせられますが、「惨事」にもそれなりに成長が見られるのを楽しみ(?)にすることもできますね。
tomoko
2007/08/29 13:06
 私も後ろを降り向かない!あはは。夏休みが始まった時からトイレ1人練習をしています。時々、トイレの端っこからビショビショ〜。でも、しかたない、いちいち気にしてたら1人トイレの練習がうまくいかないといけないからねぇ。
 
キョン
2007/08/29 13:56
キョン様
 うちも、トイレを完璧にひとりで・・の練習をしています。つい手を出したくなるのを我慢する、というのは難しい。でも、本人のためには多少掃除に手がかかるくらいは、と思うようにしていますが・・いやはや、もう。
tomoko
2007/08/29 15:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
振り向くのが、こわい 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる