障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 障害児と五月病、そしてG.W

<<   作成日時 : 2007/05/05 14:20   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 あるみたいなんですよ。障害児の五月病。この連休が憂鬱になる、大きな理由のひとつです。

 これは、私の周囲の養護学校保護者内で、経験から定説とされているお話。決して偉い先生とかのお説ではありません。当事者の、勝手な見解です。あらかじめ、ごめんなさい。

 春休みが終わり、新学期。先生も、クラスのメンバーも一新。変化のストレスに弱い彼らはさぞショック・・・・

 ・・・・と思ってハラハラしながら様子を見ていると、結構順調に毎日を過ごしているらしい。ほっと安心しかけた頃。そう、まさにゴールデンウィークあたり。

 いきなり、きます。
 ぐずり、自傷、他害、かんしゃく。溜め込んでいたものが一挙にあふれる感じです。

 なんで今になって・・・と思ってしまう。そして、親達がさんざん悩み、考えた結論は。

 この子達は春休み明けに変化した環境を「変化」と認識するまでに時間がかかるのではないか。

 新学期に今までと違う先生や教室に変わったからといって、その時点でそれがそのまま続くとは思っていないのでは、ということ。

 年度の途中だって、担任の先生が急病や出張でお休みして他の先生が対応することもあります。でも、あくまで一時的。

 しかし、年度が変わると、いつになってももとの環境は戻ってこない。ふと気付くと、全く姿が見えなくなった人達(転任していった先生や卒業生)もいる。また、以前とは微妙に違う新しい担任の対応にもそろそろイラついてきた

 このへんが、ちょうど5月初旬なのでは・・・というわけです。

 おまけに、連休にはいり登校も不規則になる
 親としては、もうカンベンしてくれ、と言いたくなります。

 連休直前から登校時に不調になり、健常児の登校拒否と同じ状態になっている子もいます。2〜3年前の思春期入り口に比べればたいしたことはないのですが、Kもやや不安定。

 健常児だって、好きな先生や友達と離れたりしてやや憂鬱になることもあるでしょう。でも、だからといって一日中泣き喚いたり壁に頭をぶつけたり登校途中に道端に寝そべったりはしないですよね。多分。

 まあ、慣れてくれば自然に解消してはくれるのですが。あらゆる意味で、ゴールデンウィークというのは疲労蓄積。つい、スタミナドリンク剤に手を伸ばしてしまう。

 昨日ドライブ、今日映画。
  明けない夜はない。明けない連休もない。・・・そして、ほっとする頃夏休み、ってか。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですか。GWの頃が環境の変化に気づく頃なのでは、というのも一理あるような気がします。休みが続くと今日はどうしようなんて気が重いですよね。一日中家の中にいると機嫌が悪くなるし、かといって混雑している人ごみに連れて行くのもためらいますしね。
 そんなこんなが我が子達の5月病なんでしょうか。まあ恐怖の夏休みよりはましでしょうけど・・・
イソップ
2007/05/05 20:10
 適度なサイクルで動いている方が今の私でも良いと思うのですから、変化に機敏に対応出来ないという子供達はきっと疲れると思いますね。
 またその子供達と関わる保護者にはGWぐらいならまだしも、夏休みは大変だろうと思います。思い返してもあの頃どうやって過ごしたのかと思い出せなくなってしまいました。
yuurakusya
URL
2007/05/06 07:19
イソップ様
 休みの過ごし方は頭が痛いですね。家に閉じこもっていても煮詰まってしまうので、追い立てられるように外へ出る。楽しむとか以前の問題なので、どこへ行ってもレジャー感覚は半減です。思春期のこの時期は、さらに輪をかけて不安定になるようで。やっと連休が明けますが、久々の登校を渋らないことを祈るのみです。
tomoko
2007/05/06 13:59
yuurakusya様
 人生、ずっと同じ環境にいるわけにはいかないので変化に対応できるようにならなければいけないのですが、それを納得できない子達にはとてもストレスになるようです。私も、以前よりだいぶ楽にはなったと思うのですが、いちばん辛かった時ってもう無我夢中だったせいか、ぼんやりとしか思い出せません。これからおこるもっと大変なことに立ち向かえるように、という記憶の神様の配慮でしょうか。お産の痛みを覚えていない、みたいな。
tomoko
2007/05/06 14:04
間違えて、5月病の事を、違うところにコメントしてしまいました。。ごめんなさい。
アリス
2007/05/13 22:10
アリス様
 大丈夫、どこにコメントいただいてもわかりますし、それほど厳密に内容をきっちりさせているわけではないですから。また、なにかあれば突っ込んでやってくださいね。
tomoko
2007/05/14 12:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
障害児と五月病、そしてG.W 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる