障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本番は、これからなのです。

<<   作成日時 : 2007/05/23 12:55   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 先月のお話です。新学期早々、家庭の事情で養護学校から転校するかもしれない生徒がいるらしい。

 それはしかたないのですが、4月の段階で生徒が減ると、現在の状況では先生までひとり減らされてしまうというのです。(5月1日の時点での生徒数で、その年度の最終的な体制を決めるという規則があるとか。)
 そして、それに伴いクラス・担任も再編成せざるをえないかもしれないとか。それを、PTA役員に報告されて。

 校長先生(楽天家)「・・・どう、思います?」

 役員「どうもこうも、せっかくどの子も新学期の環境に慣れてきたところですよ。今更担任やクラスが急に変更になるなんて、納得できません。以前も、5月から産休で先生が交替した子が不安定になって大変だったんです。」

 校長先生(楽天家)「それでは、体制の変更は希望しない、ということですね。」

 役員「もちろんです。」

 校長先生(楽天家)「・・・それを確認したかったのです(不敵な微笑)。例外を認める条件として、『保護者の強い要望があれば』という文言がありますのでね。了解しました。」

 役員「(その意図に気付き、微笑み返し)はい、強く要望致します!」

 
 ただの楽天家(・・に見えちゃうのよ、顔が。)、と見えて実は切れ者の校長先生、ありがとうございます。

 やっと五月病も一段落、やっと意欲的な学習が・・・という矢先です。環境に馴染むのに時間がかかるタイプの子供達にとっては、これからが本格的な新学期なのです

    ・・・で、その活動の結果
 
画像

 Kが持ち帰ってきた陶芸作品、「剣山」だそうです。一輪挿しよりさらにささやかな花を飾るものだとか。

 再びトマホークを手にしたゲッター1君、枝ぶり(?)がやや気になるようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
一人転校しただけで先生まで減らされるんですか?それにクラスも先生も再編成だなんて大変なんですね〜。でも不適な笑いの切れ者校長先生の手腕で一件落着といきそうで良かったですね。K君の剣山かわいいですよ。tomokoさんのビオラとゲッターロボもよいのかな・・・(^-^)
ちいこ
2007/05/23 15:41
(楽天家に見えてキレ者の)校長先生、カッコイイ。やり取りがまたドラマチック。
K君の剣山、なんともいえない丸みが愛しいですね。そして、お花はフレームからはみ出してもゲッター君のつま先だけはガッチリセーブしてる画像にtomokoさんの「愛」を感じました。

2007/05/23 17:50
  例外があって良かったですね。この校長先生頼もしいじゃありませんか! 神経質でないから校長になれたのでしょうね。
 K君の一輪挿し可愛い。ゲッター1君も頑張っていますね。我が息子が養護学校で作った鈴(直径7センチ)は、いまだに息子の写真の側に鎮座しています。
yuurakusya
URL
2007/05/24 07:47
ちいこ様
 小規模校なので、ひとり減るということは普通の規模の学校で10人減るくらいの変化に相当するのです。そのうち分校化するのでは、なんて言っています。
 この作品は、先生から言われなければ用途もなにもわからないただの「カタマリ」でした。でも、小さな花を愛でるのにはちょうどいい感じです。
tomoko
2007/05/24 13:16
つ様
 わかっていただけましたか!花かゲッター君の足かというときに、もう迷わず花を切り捨ててしまった私の愛を、ゲッター君にもわかってほしいです。デジカメの構図のコツがいまだにつかめないもので。
tomoko
2007/05/24 13:20
yuurakusya様
 障害児教育に携わる先生は、いろいろな意味で考え方に柔軟性のある方がいいような気がします。なしくずし、とかぐでぐで、というのではなく、きっぱりとさまざまな対応ができる先生はありがたいです。
 子供の作品というのはなかなか処分できませんね。壊れやすいものは、あらかじめ写真に撮っておいてアルバム保存しています。
tomoko
2007/05/24 13:25
1人の転校でそんな事になるなんて!んな理不尽な〜!だよね。そんなの無理なのあったりまえじゃんねぇ。御上は、頭固いよねぇ。人の子のことだと思って!
 ウチもね、引越し組なのね。小学3年生の時、年度途中で引越し転校をするつもりだったんだけど…年度途中だと先生の数が増えないで転入になっちゃうから、すでにいるお子さん達にご迷惑かけちゃうのね。なので、家の増改築を無理無理早めてもらって、年度初めに引越しをして4月から転校しました。障害児の転校は気をつかうよね。うん。
 K君の作品、なかなか芸術的です。ゲッターロボ君が、お花を生けてるみたいね。あはは。
キョン
2007/05/24 17:50
 キョン様
 とにかく、山の分校並の生徒数の学校なので、生徒の転出・転入は一大事です。養護学校は先生ひとりあたりが受け持つ生徒がかなり少ないから、バランスをとるのが難しいようです。お引越しにまで気を使わなければならないなんて、大変でしたね。
 学校からよく陶芸作品を持ち帰るのですが、説明を聞かないと用途がわからないものが多いです・・・ははは♪。
tomoko
2007/05/25 11:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
本番は、これからなのです。 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる