障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 許さない、人々

<<   作成日時 : 2007/04/16 14:03   >>

トラックバック 3 / コメント 12

 最近、「許さない人」を時々見かけます。

 その@
 混雑している場所で、中年の女性が小学生くらいの男の子の足を踏んでしまった。女性はすぐに、「あら、ごめんなさいね。」と謝った。その言い方も、決して不快なものではない自然な感じだった。

 しかし、「被害者」の小学生は。

 「痛えなあ・・・  痛えよ、もう・・」とブツブツ言うだけ。言葉に抑揚がなく、恐い。「加害者」の女性も、ちょっと恐そうな顔で「ごめんね。」とあわてて去っていく。その気持ちがわかる。

 その後も見ていましたが、踏まれた足が実はダメージを受けていた等の様子は全くありません。

 そのA
 おもちゃ売り場で2歳くらいの幼児が父親と一緒に見本のおもちゃをいじっている。その子の頭上には商品の棚。そこへ、一組の親子がやってきて、「すみません、この棚の品物を取らせてください。」と幼児の父親に声をかける。

 すると、父親は。

 「危ねえなあ、まったく!」・・・でも、親子はまだ棚に手も伸ばしておらず、その幼児がいったん場所をあけてくれなければ商品は取れません。

 そのB
 混雑している観光地。おばあさんがよろけて、若い女の子にちょっとぶつかった。「あ、すみません」ととっさに謝るおばあさん。

 女の子は。

 「やだ、なにー?危ないなー!信じらんなーい!」とおばあさんを睨んで去っていきました。

 謝ればいいというものでもない、と言われればそうでしょう。でも、どのケースも、どう見てもそういう類の「加害」ではない。

 「謝った方が負け」からさらに進化(?)して、「許しても負け」という社会・時代になりつつあるのかもしれません。

 見た目は「小さい子供」「優しい父親」「かわいい女の子」・・・・でも・・ 

 「そういう人達に私達の子がぶつかったりしたら、どんなこと言われるのかしらね。」
 
 できたら、遭遇したくはないです。穏健派障害児親達の、共通意見。 

  今以上に、外に出にくくなってしまうのかな。ひたすら謝り続け、負け続けてばかりいるのですが。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[異論反論]許さない人々(私を含む)
[http://tomokz.at.webry.info/200704/article_9.html title=障害児Kとおたく母の疾走日記―許さない、人々 今回は異論はなし。全面的に同意。かく言う私も“許さない人々”の一人のような気がして。 前述のAさんについて、同じクラスの○○先生は耳元でささやくように話し ...続きを見る
特別支援学校って…へぇ、そうなんだ
2007/04/16 22:44
「軽度発達障害」……知らないということの自覚
 あなたは、軽度発達障害と診断される子どもや大人がいることは知っているだろうか?   ワタシは7-8年前に読んだ「ボクもクレヨンしんちゃん」というLD(学習障害)の子どもを持つ母親の手記を読んで以来、気になっていて今でも関心を持っている。その頃はまだ子どもが生まれるまえで、今後生まれてくるかもしれぬ自分の子どもが「軽度発達障害」の可能性もあるなぁ、と思いながら読んでいた。  軽度発達障害は、その頃はまだほとんど認知されてなく、そうした子どもが「我が儘」「親の躾がなっていない」etc.e... ...続きを見る
dr.stoneflyの戯れ言
2007/04/17 18:27
共生について
今日(あ、もう昨日だ)dr-stoneflyさんにトラバしていただいた記事「軽度発達障害」……知らないということの自覚 dr.stoneflyの戯れ言/ウェブリブログを読ませていただいて。 ...続きを見る
惑星ナイン
2007/04/19 08:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 おはようございます。
 こちらのネームでは初めてです。
 宜しくお願いします。
 つい先日、同じような事に遭遇しました。数日間、その光景と言われた言葉が心を過ぎり、その都度胸が痛みました。でも、時間が経てば少しは忘れることだろうとは思うのですが、反対に自分も気を付けないとと思いましたね。
太郎ママ
URL
2007/04/17 08:14
なにもかも、許せば、楽なのにね。
キョン
2007/04/17 17:24
私もぶつからないように気をつけています。
みゆきちゃん
URL
2007/04/17 18:34
太郎ママ様
 こちらこそ、よろしくお願いします。心に余裕のない人が増えてきたのでしょうか、気をつけてはいても、実際に経験するとつらいですよね。悲しい世の中になったものです。
tomoko
2007/04/17 20:56
キョン様
 許さないでいる方が、もやもやが残ると思うのですが。外へ出るのにも、さらに気を使う必要がありそうで気が重いです。
tomoko
2007/04/17 20:58
みゆきちゃん様
 車椅子での移動で細かい気遣いをするのは大変なことですよね。お互い様、という心を大切にしたいです。
tomoko
2007/04/17 21:01
ウチのおかんは歳もとってるし足腰が弱ってるから機敏に動く事は出来ません。
家の前の細い通路で、バカみたいなスピードで走ってきた自転車をさっと避けられるはずもない。
ぶつかりこそしなかったものの、おかんはかなり怖い思いをしたそうなのに、相手はおかんの方が悪いみたいに「チ!」と舌打ちして不機嫌そうに走り去ったそうです。

若い女の子だったそうです。

うん、なにかまちがってますよね。
yaskazu
URL
2007/04/17 21:50
私もそういった人に会います。
声をかけても、声をかけた私に対しての言葉ではなくて独り言でぶつぶつ言うだけ。
見知らぬ人とのコミュニケーションの仕方を知らないのでは…?
なんだかとても不自然な、怖い世の中ですね。
桜もち
2007/04/18 00:13
うんうん、確かに乱暴な言葉遣いのかたが増えましたよね〜。小学校の子どもたちを見ていても、そう思います、でも不思議に、交流クラスで「問題児」といわれるような乱暴なお子さんが、特殊学級の子に意外に(といったら失礼かもしれませんが)親切にしてくれる確立が高いんですよ、もちろん人によりますが。思いがけず親切にしてくれることもあるかもしれません、お互いがんばって外出しましょうね〜♪
ちえのすけ
2007/04/18 09:46
yaskazu様
 自転車に乗っている人は、なぜかちょっとでも降りるということをしたがらないようですね。また、高校生などは「避けるのは常に自分ではなく相手の方」と決めているような動きをしている。こういうかたちの「俺様」はいただけないです。
tomoko
2007/04/18 14:43
桜もち様
 おいしそうなHNですね。今おなかがすいているので、よけいにそう感じます。
 見知らぬ同士がすれ違う、ただそれだけのことが気軽にできなくなりそうでこわいですね。よくわからない事件がふえたのもうなずけます。広い心を持ちたいものですね。
tomoko
2007/04/18 14:48
ちえのすけ様
 確かに外に出ると、親切で思いやりのある人達に出会うこともたくさんありますよね。いい出会いの方が多い、と信じてお出掛けしたいです。自分もまた、心に余裕のある生活をしたいですしね。
tomoko
2007/04/18 14:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
許さない、人々 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる