障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 一般就労

<<   作成日時 : 2007/03/19 12:40   >>

トラックバック 2 / コメント 6

 今日もラジオ番組で「障害者雇用」について討論していた。

 企業に対する障害者の法定雇用率(1.8%)をパート勤務も含めてよいとするとのこと。また、これを満たさない企業に義務付けていた納付金を、これまで対象としていなかった中小企業にも義務付け、障害者の雇用をさらに拡げていくということらしい。

 どうなるのかなあ。

 パートでもいい、とにかく雇って欲しいという障害者。法定雇用率をなんとか満たさなきゃ、と思う企業。双方の願いが一致して・・・ということになるのでしょうか。

 そうはいかないと思う、と番組中で語っていた中小企業の経営者さんがいました。

 ・ 申し訳ないが、やはり障害を持つ方は収益に見合った働きはしてくれない
 ・ 公的な助成金もあるが多くはない。社会奉仕と思って雇用しても、企業体力がもたない。


 この方は、話の中に絶えず「申し訳ないのだけど」と言い、恐縮していた。多分、本当に雇用努力をしてきた経営者さんなのでしょう。

 これが多分現実です。 

 また、特例子会社という制度があります。

 うちの地元でも、この制度を利用して障害者を積極的に雇用している会社があります。

 これがまた、話に聞くだけではありますが、雇用する側・される側双方に好評らしい。

 簡単な作業ではあるけれど、自閉傾向やこだわりのある障害を持つ人は真面目にきっちり仕事をしてくれるそうです。

 また、一般のパート程度の報酬が支払われているのですが、それは障害者にとって作業所の工賃(月に数千円〜一万円程度)に比べれば夢のような高給。ありがたいと思いこそすれ、文句などつけようがありません。

 雇用する側から見るとサボり癖のある健常者を雇うよりは作業効率がよい。それでいてありがたがられてしまうのです。

 また、その会社はマイクロバスで通勤の送迎までしてくれるとか。親の立場からすれば、手を合わせて会社を拝みたくなります。
 
 しかし、この例から考えて障害者のパート雇用が促進されると健常な求職者が職に就けないケースが増えるのではという声もあります。ある意味労働力のダンピングと言われると、そうかも、とも思えるし。

 安い賃金で仕事をそこそここなしてくれて、感謝されて、法令順守。企業イメージのアップにもなる。経営者さんのメリットも多い。

 しかしまあ、あくまで知的障害なら軽度〜中度、問題行動も少なく、仕事という概念の持てる障害者を対象とした場合、の話です。

 Kをここへ・・などという野望はありません。ただ、軽度の方には希望を持たせてくれる例では、と思われます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
労働三法・三権を覚える
歴史・地理・政治経済をネタにしたゴロ合わせをご紹介しています。呆れながら楽しく学んでいただければ、と考えています。 ...続きを見る
オヤジの趣味は、ゴロ合わせ。
2007/03/19 13:25
「私の一番好きな絵本」…現役保育士56人にききました
 ここのとこ何かしら苛ついているので、エントリーも荒れ気味である。どうも品がないというか……、品がないのは最初からだし、本性であるから仕方ないか。いや本当は上品なのだが、政治が悪いんじゃ〜、と他人のせいにしとこ。  まあ、たまには政治から離れてのほほんとした話題にしたい。ということで1年と8ヶ月ほどまえ、保育園父母会の怪鳥時代に「カイチョー通信」に乗せたネタ。ということで表題の「56名の現役保育士」も1年8ヶ月前の現役で、今も現役かどうかは知る由もない。 ...続きを見る
dr.stoneflyの戯れ言
2007/03/19 14:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
別に面白い話題じゃないのになぜか笑ってしまいました。「うぜーうぜー」と言いながらさぼり癖のある健常者と、こだわりの障害者のコントラストが皮肉というかなんというか。というより、障害者か健常者かはさておき、仕事をきっちりこなす人というのは、実はあまり多くないのでしょうね。前にテレビで見たマクドナルドの実例でもそのことは紹介されていました。遅刻なし、マニュアルの勝手な短縮なし、会社からすれば、本当に何よりですよね。

2007/03/19 13:09
ウチの主人の会社も特例子会社があります。会社内の掃除を主にしていますが、かなり真面目に綺麗にしてくれるそうです。それにさぼらないし。食事も普通の方と同じ食堂で食べているそうです。主人に言わせると、『普通だよ〜!後輩のあいつより仕事できるぞ。』なあんて言ってます。もちろんウチの子は、特例子会社なんて無理です。でも軽度の子達がこういう場所にたくさん行ければ、私たち重度の子の行く場所が増えるわけで。やはり我々にも良い事です。
キョン
2007/03/19 17:13
 重度の身体障害者だった息子には遙か彼方の夢です。
 働く意欲があって、働く体力があって、働く場所があれば働いてほしいと思うのはどの保護者も同じでしょうね。
 確かにその障害者の持ち味に添った仕事を見つけ与える雇用主側にも、難しく面倒な事かもしれませんけれど。
 一人でも自立できれば良いなぁと淡い期待を持っています。
yuurakusya
URL
2007/03/20 10:06
涼様
 サボリどころか、決められた時間内に決められたことをきちんと仕上げるということにすべてを賭けているかのような人もいるとか。ある種の自閉傾向の人には、ルーチンワークは天職ともいえるかもしれません。あの、マニュアルがんじがらめに見えるマクドナルドでも、職種によってはいい働きをしてくれるかも。
tomoko
2007/03/20 20:59
キョン様
 そうですね、軽度の方が就職しやすくなれば、重度の子の行き先にも余裕ができるかも。少しずつでもこういうところが増えてほしいです。労働の意欲もあり、普通の人とほとんど変わらずに真面目に働く障害者もたくさんいますよね。
tomoko
2007/03/20 21:05
yuurakusya様
 自立支援法は、働ける人は働いて自立しろという趣旨なのだから、障害者が働きやすい場所を増やしてほしいですよね。意欲も能力もある人で、相応の収入を得られるのなら自立したいと考える人もいると思う。親だって、それが見届けられればこんなに安心なことはありません。
tomoko
2007/03/20 21:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一般就労 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる