障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 養護学校の運動会

<<   作成日時 : 2006/10/05 12:13   >>

トラックバック 1 / コメント 8

京極夏彦の新刊を寝る前に貪り読む。レンガかブロックのような本を、寝転がって深夜まで読んでいた当然の結果として・・・・手首が痛い。少し寝過ごした。・・・

 ヤバい、今日運動会だ、お弁当だ!

下ごしらえは済んでいたのでなんとか間に合ったものの、焦りましたね。

 昨日は養護学校の運動会。大抵は平日です。きょうだい児の学校の運動会とバッティングしないように。

 でも、お父さんの観覧が難しいのです。これは、なんとかならないものか。

 Kの養護学校は、立地も生徒数も山の分校並みの環境なのでじつにのどかです。ビデオ撮影の場所取りなどの騒ぎもない。スペースはこれでもかというほどあります。

 リレーなどの競技は、「競走する」という意識のある子供達が中心。Kのような子供達は、先生に先導されつつ歩き出してしまったりコースアウトしたりしながらなんとかゴール。

 障害物競走は、平均台や跳び箱を使った療育っぽいもの。能力に応じ、それらを乗り越える方法は違います。
 
 ダンスは振り付けどおりに踊るというより全員が楽しく体を動かす様子を見せる、という感じ。

 近隣の幼稚園や小学校の生徒が、応援参加でダンス等を披露してくれます。時々交流をしている学校なので、子供同士でおなじみの顔がいたりする。

 以前は市内の特学の生徒も参加していたのですが、スケジュールを組むのが難しくなったとかで今は参加していません。

 在籍している学校での運動会よりも、養護学校の運動会の方がリラックスできて親子で楽しめたのに、という特学お母さんもいたのですが。校庭の広さもさらに目立つようになってしまい、残念です。

 Kも気分に波があり、スムーズに動けない場面もありました。

 「でもK君、不調な時でも以前より落ち込み方が少ないよね。成長してるんだよ。」と言ってくれたお母さん。

 競技中に子供がパニクって目立ってしまい、肩を落とすお母さんに、

 「どの子だって、それぞれ違う問題を抱えてるのよ。うちの子は今日は完璧にこなした、なんて誰も思ってないから大丈夫。」
 「そう、少なくとも、この場で、私達の間で恥ずかしいと思う必要なんかこれっぽっちもない。○○ちゃん、頑張ってたじゃない。」


 と明るく言ったお母さん達。

 ・・・やっぱり、みんな、戦友だ。   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「養護学校の運動会」について
「養護学校の運動会」について うちは運動会が嫌いみたいです。走る意欲がなさそう。 私は今年は地区の運動会と重なり、奥様にお任せしたのですが、年下の障害の重い子供にも負けたそうです。どうでもいいことですが。水泳の潜水競技をして欲しいです。 ...続きを見る
ちなつ 自閉症 養護小六の父
2006/10/05 17:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
運動会、お疲れ様でした。弟の小学部の運動会に家族総出で応援に行った時のことを思い出してしまいました。笑顔でのんびり走る弟に、もっと手を振って走れ!と声をかけた母。弟はバイバイの手の振りで走ってましたっけ。あれ以来私は弟の行事には行ってません。
 話変わって、京極の新刊とは邪魅の雫のことですか?
前作も積ん読のまま放ってあるので、買おうかどうしようか迷っているんです。今のところ本屋で平積みしてあるのをニヤつく日々です。よければ感想聞かせてくださいね。
Shin
2006/10/05 14:01
K君の運動会だったんですね。お疲れ様でした。
昨日はお天気がよくて運動会日和でしたね。私なんて運動会から離れて何年も経っているので懐かしく思い出します(笑)京極夏彦はブロック本ですよ。手首が痛くなるのも分かります(^。^;)
ちいこ
2006/10/05 15:56
Shin様
 他人と競うという気持ちがない「競走」でも、本人は指示に従って頑張っているんだろうな、と思うのですが、見ている分にはのどかな感じですよね。
 そう、「邪魅」です。まだ読み終えていないのですが、面白いですよ。
tomoko
2006/10/06 12:17
ちいこ様
 一日遅ければ雨だったので、実にいいタイミングでした。普通の学校よりのんびりまったりなので、ハイキング気分です。 ブロック本は、どんな姿勢で読んでも疲れますね。
tomoko
2006/10/06 12:20
運動会お疲れさまでした。
なんか・・いい運動会ですね〜、温かい感じで。
うちは特殊学級なので、運動会は在籍校の運動会と、来週行われる市内特殊学級運動会と二つあります。
在籍校のはやっぱり気を使いますね〜、どうしても動きが遅いから目立ってしまうし、他の子にもお世話になってしまうことが多い。なんか養護の運動会がうらやましいです・・・
ちえのすけ
2006/10/06 12:37
ちえのすけ様
 障害の程度によっては楽しそうな子もいるのですが、別にこんなことやりたくないのに、って感じの子もいます。親としては、できればきっちりこなしてほしいのですが、そうもいきません。でも、周りも先生も、「できた、できなかった」ということは二の次という見方をしてくれるので嬉しいですね。
tomoko
2006/10/06 14:15
そういえば運動会の季節ですよね。我が養護学校は6月に行っっています。tomokoさんの市と同様に以前は市内の特学の児童生徒を招いて平日に実施していました。しかし、昨年の3月に合併して市が大きくなり、それに伴って単独で行っています。自分の学校だけなので土曜日にやっています。だから父親が見られる可能性は高くなったと思います。ただ、今年校舎が増築になり、校庭が狭くなったので、市内の体育館で行いました。やっぱり「運動会は青空の下だよね」なんて声が聞こえるので、校庭の拡張を市に陳情しようかと思っています。同じ保護者の皆さんを戦友にたとえるのはまさにそのとおりかなと思いました。
イソップ
2006/10/07 06:40
イソップ様
 うちの学校も、ここ数年は市営体育館で開催していたのですが、保護者から「やはり空の見えるところで」という声と、練習が校庭と体育館(移動を伴う)の二ヶ所になり混乱する子がいるということで校庭に戻しました。屋内だと声も反射してなんとなくスカッとしなかったので、皆喜んでいます。
tomoko
2006/10/07 14:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
養護学校の運動会 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる