障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大画面でいこう!・・・障害児もわくわくシアター

<<   作成日時 : 2006/05/01 13:19   >>

トラックバック 0 / コメント 5

     今日の掘り出し物
画像

    初期ガメラのテーマソング「ガメラマーチ」レコード。やや脱力系の軽快な歌です。

 「ゴールデンウィーク」という言葉は映画業界から生まれたとか。ならば、やはり映画を見に行かねば。

 我が家は毎年「クレヨンしんちゃん」を家族で見に行きます。ちなみに、夏休みはポケモン。

 この2本は、Kのおなじみ&お気に入りキャラであるとともに、全部見ても2時間以内で終わる。これは、彼が落ち着いて見ていられる限界の時間です。

 あと、親も一緒に楽しめるから。すみません、ジ○リやディ○ニーよりしんちゃんで感動する奴なんです、私。

 ポップコーンとジュースを抱え、大画面でめまぐるしく活躍するしんちゃんやピカチュウを見ているK。最初、映画館など無理か、と思いましたが、行動範囲を少しでも広げたいと思いダメ元で挑戦。暗くても音が大きくても大丈夫になりました。結構楽しんでいるようです。

 最初からダメと決め付けたら世界が広がらないよ、とアドバイスされて決断したのですが、今は良かったと思います。
 
 さて、今年はガメラの新作も公開されているとか。私は、このレコードの頃のギャオスとかギロン、あと金子修介監督のレギオン襲来くらいまで見ていました。
 幼い頃見たギャオスは本気で怖かったです。新作は、CMで見るとあの子役の演技だけで泣けそうな気がしてちょっと見てみたいです。できれば、スクリーンで。どうしようかな。

 ゴールデンウィークのレンタルショップなど行って見たところで、激混み&ほとんど貸し出し中、という状態。スクリーンで映画、というのもいいのでは、ということで。

 怪獣映画は、家庭のテレビ画面と映画館のスクリーンでは全く迫力が違います。たとえばキングギドラの華麗な姿は、スクリーンでは本当に感動ものなのです。

 で、どうしようか、ガメラ。

 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
あはは、うちもしんちゃん行く予定です〜。
新聞屋から貰っていた劇場では「ナルニア」か「しんちゃん」なので(笑)
しんちゃんの映画いいですよねー。戦国云々とか泣いたなー。

2006/05/01 16:43
両方見てるのですが、個人的な感想として今年の「しんちゃん」はシリーズの平均ラインギリギリ、ないしはチョイ下……という気がします(^_^;; 

前半のホラーテイストが良いだけに、後半の失速が残念でした。今回はしんちゃんが「事件の当事者」になり得てないのが原因かも。

一方のガメラ。子供もそうですが、親世代の方が感涙にむせんじゃうかも……です。怪獣バトルが延々続く映画を期待していた向きからは「“怪獣映画”ではない」と言われてるようですが、そういう連中には「『小さき勇者たち〜ガメラ〜』ってタイトルなのになぁ」と説教したいくらいです(苦笑)。

まさか、回転ジェットで泣く自分がいるとは思いませんでしたよ。
K-JOE
URL
2006/05/01 23:18
『小さき勇者たち〜ガメラ〜』を人に勧めるとき、なにが困るって、「泣けるツボ」がすべからくネタバレに直結してしまうから詳細に説明できない……の一点でしょうか?

浜村淳ならエンドロールギリギリ前まで語り倒すんでしょうけど(苦笑)。
K-JOE
URL
2006/05/01 23:21
涼様
 しんちゃん、いいですよね。すこし露出狂ぎみだって私は気になりません。ナルニアとどちらかを選べ、といわれても私はしんちゃんです。宮崎駿監督は、今のアニメでライバルは、いう質問に「しんちゃん」と答えたとも聞きました。本当かな。
tomoko
2006/05/02 11:58
K-JOE様
 しんちゃん、微妙な感じですか。でも、こちらは子供サービスだし、とりあえず見ます。
 回転ジェットで泣かせてくれるガメラ!いろいろな意味で興味あります。あのCMからして、怪獣エンターテイメントというより「子ぎつねヘレン」の系列っぽく思えてしまうのですが。浜村淳に語り倒されても泣けたりして。
tomoko
2006/05/02 12:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大画面でいこう!・・・障害児もわくわくシアター 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる