障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 家庭訪問・・・養護学校の新学期

<<   作成日時 : 2006/04/30 13:14   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 突入しました、恐怖の(?)GW。、計画性とど根性を肝に、腹をくくって乗り切ります。
 
 春の学校行事も大きなものはほとんどクリア。
今年は、いろいろな都合からKと弟君の家庭訪問を2日続きで設定しました。疲れるな、と思いましたが、念入りな掃除が一度で済む! というメリットもあります。

 一般の小学校の家庭訪問て本当にあっさりしているので拍子抜け。特に大きな問題がなければ、先生は予定時刻通りに訪問、きっちり予定時間内でお話を済ませ、予定通りの時刻にお帰りになる。

 まあ、新学期開始一ヶ月くらいではまだ先生も子供も互いに様子見、という感じで、今後の基礎知識集めとか親や家の状況を見ることに重きをおいているのでしょう。

 夏休みに家庭訪問期間を作った年もありましたが、なぜか翌年からは新学期に戻りました。

 養護学校の場合、

 ・複数担任(2人)が揃って訪問
 ・生徒数も少ないので、一日一軒、じっくりお話
 

 Kのように言葉のない子の場合、家庭も学校もお互いに「そちらではどうでしょう」という話を聞きたいし、話したい。毎年、2時間はみっちり話し込んでしまいます。

 面倒なのは、担任が変わるたびに生育歴や療育経験等のことを一から話さねばならないこと。前年の担任から大雑把な引継ぎはあるようですが、完全というのは無理なので補足説明します。

 この時にきっちり話し合っておかないと、前年の課題としてもう少しでできそうだった目標を中断されて新しい先生の方針に移されてしまい、子供が混乱するという事態も起こりかねません。

 Kの新しい担任の先生は、穏やかな雰囲気で優しそう。実際、Kもなついているようで安心しています。

 Kの通学カバンについているウルトラマンのマスコットを見て、

 先生「Kくん、ウルトラマン好きなんですか?」(ほほえましそうに)

 私「いえ、私が」(即答、笑顔で)


 その直後、一瞬空気が固まった後で、ちょっと「しまった」と思いました。不安といえば、それくらいかな。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
家庭訪問に2時間かけるんですかァ。
それも先生がお二人でお見えになるんですね〜。tomoko
さんじゃなくても疲れてしまいそうですね(笑)
でもK君の事を分ってもらうには、2時間必要なんでしょうね。親御さんも先生も一生懸命、子供のことを思っているところは一致していますね。
ウルトラマンのことも先生は、微笑ましく思ったことでしょう。頭デッカチの親よりtomokoさんのようにユーモアのあるお母さんの方が先生は話やすいと思いますよ(^-^)
ちいこ
2006/05/01 17:57
ちいこ様
 毎年2時間ちかくの長丁場、先生がお帰りになった後は、夕食の支度も嫌になるくらいドッと疲れます。
 ウルトラマンの会話で3秒ほど空気が固まりましたが、同時に「ふっふっふ・・・」と笑い出してそれでおしまい。3秒は、意外と長いです。
tomoko
2006/05/02 11:53
うちも先週、家庭訪問でしたよ〜。
中1のときは二人で来たけど、中2、中3は一人になりました。
確かに朝から必死で掃除します(笑)。

去年までは若い男の先生だったのではしゃいでクッキーを焼きましたが、
今年は普通のおじさんセンセイなのでお茶菓子も普通にヨックモック。<こらこら

去年は子供が学校でSLAM DUNKを連発したので(DVDコンプリート中)、
私のシュミがばれただろうと思うとちょっと冷や汗でしたが、
さすがに今年の先生にその引き継ぎはなかったようです。<ほっ

先生には熱心な親で、ちょっとウルサイくらいに思われた方が、
いろいろと言いやすいですから、がんばって言うことは主張したいと思います。
よほどガンコな先生でなければ、きっと聞いてくれると思いますので。

2006/05/02 12:00
楓様
 ウチも去年までは和菓子を買って出したりしていたのですが、横から息子が手を出したがるので今年からは開き直ってお茶だけにしてしまいました。
 SLAM DUNKのコンプリート、すごい。親の趣味は先生の職員室の話題になることがあるのでしょうか。
 学校には、言うべきことはとりあえず言っておきたいですよね。双方で協力しなければ解決できない問題も多いので。
tomoko
2006/05/02 13:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
家庭訪問・・・養護学校の新学期 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる