障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 障害児親子、外出時のイメージトレーニング

<<   作成日時 : 2006/04/02 14:25   >>

トラックバック 0 / コメント 12

 外出についての考えはいろいろと書き連ねてきましたが、最近はちょっと気持ちを切り替えています。

 Kと外を歩いて目立つのは当然のこと。人目は気にしないこと、と自分に言い聞かせても、やはり多くの視線を感じるとちょっとめげてきます。

 そこで、逆転の発想。視線を意識して、振舞うことにしました。

 たとえば、Kが街中でパニクってしまった時など。深呼吸をして、心で唱えます。

 「私は今、黒木瞳。 私は今、黒木瞳。・・・」 (この時点で笑ってくださって結構です。)  

 さて、ここからは、努めて冷静にKをなだめます。姿勢を正し、自信に満ちたクールな態度で穏やかな微笑みを浮かべ、自分の脳内だけで黒木瞳に変身します。

 そう、子供の時に魔女っ子や正義の味方になりきって遊んだ時の気持ちを思い出しながら、自己暗示をかけるのです。「思い込みパワー」を全開させて。

 私は、困難な子育てに立ち向かう強く神々しい母よ!
 というオーラを全力で放出すると、なんだか本当にドラマのヒロインになった気分。不思議と「恥ずかしい」という気持ちに勝てるのです、これが。

 「黒木瞳」は時々「天海祐希」になりますが、要するに「凛とした女性」をイメージしています。

 周囲の人に実際どう見えているか、なんて考えてはいけません。間違っても黒木瞳に見えていないことだけは確かですし。単に、自分が落ち込まずにすむイメージトレーニングです。

 こんなおバカを繰り返しているうちに、「あ、またあの親子来ているな」なんてあちこちの人に意識してもらえればしめたもの、と思います。その時、私達は人目をひく存在ではなくなる 「そこを歩いていて当然の人」になれるのです。

 Kと歩いて10年。すくなくともご近所では、なんとかそんな感じになってきました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃはははは〜(^▽^)もう「この時点」で笑った。
とりあえず家の中から練習しよう〜。
やってる途中で自分が笑っちゃいそうだし。
女優魂が必要ね!
おこみか
URL
2006/04/02 15:12
おこみか様
 そう、「女優魂」です。多少オシャレな服装をしていれば、さらに効果大。自分達は恥ずかしい存在ではありません、というプライドを持たなくちゃ、と思いました。年代により、「米倉涼子」とか「吉永小百合」とかはいかがでしょう。
 
tomoko
2006/04/02 21:05
o(>▽<)o ウキャキャウキャキャ
すいません、パソコンの前で笑いをこらえるのに苦労しとります(^^;)だってあまりに面白いんだもん。なるほど、「女優魂」ね!!私も今度やってみようかな〜。どうしても外出したときに周囲の眼って気になってしまいますものね。
私の場合・・・・賀来千香子といきたいところだけれど、現実は室井滋ってとこかしらん?あはは〜。
ちえのすけ
2006/04/02 21:25
あはは〜かっこいい!黒木瞳〜〜〜。女優かぁ! 私は、反対に目だって良いだろう!くらいに思っていますわ。有名人!
 tomokoさんは、女優なのね。私は、お笑い芸人になります。おもしろい話芸を1人でコンビ分披露してあげます〜。昔、わいわいバスの中でピンポ〜ン押しをさせないようにと楽しく戦ってた時、袖を引っぱられちゃって、袖が取れちゃったわけよ。思わず「私は、ドリフターズかぃ?!」って言いましたよ。 バスの中の人たちの肩がすべて揺れてました。必死に笑いをこらえてたみたい。やったぜ! 私は、ドリフターズか〜。
キョン
2006/04/02 22:12
ちえのすけ様
 賀来千賀子もいいですね。女優は見られてナンボなのよ、くらいにタカビーに振舞ってもいいような気がします。ピンチの時にうろたえたり、声を荒げてしまうのを防ぐ効果もありますよ。
tomoko
2006/04/03 12:45
キョン様
 そうか、笑いをとるという手もありますね。ドリフのコントで、そういうのよくありましたよね。周りに引かれてしまうよりは、ちょっと興味を持っていただく方が場がなごむような気がします。
tomoko
2006/04/03 12:48
こんにちは。
うちの弟はかなり静かにしてくれますが、それでも視線を感じます。特に子ども。
私の視界に当の視線の本人が入った時には、思いっきりガンつけてしまいます(-.-;。何見とんねん!って。
トラブルになったことは1度もありませんが、tomokoさんの女優魂を見ると、まだまだ私も修行が足りませんね。これから路線転換します(笑)。
Shin
2006/04/04 17:09
Shin様
 子供は遠慮がありませんからね。その上、「普通と違うこと」を見つけるカンは鋭い。ガンをつけたこともありますが、逆にじっと見つめて気持ち悪いくらいにっこり微笑んでやったら、逃げて行ったことがありました。大女優への道は険しいですよ。
tomoko
2006/04/04 19:39
面白いですね・・
私もイメ─ジトレ─ニングしてみようかな?
何時も私は一時期はやった、「きこ様スマイル」をっと思ってます。実際似てると言われてました。
独身のころ^^;
黒木 瞳さんいいですね・・・
すごく、可愛い感じで憧れます。
さてさて・・私は「きこ様スマイル」で頑張ります^^
kazu
2006/04/05 12:35
kazu様
 皇室、というのは盲点でした。たしかに、あのきこ様スマイルは威力がありそうです。穢れを寄せ付けない魔力を持っている感じ。
 とにかく、子供と自分を世間に恥じる気持ちにだけはなりたくないですね。
tomoko
2006/04/05 12:44
はじめまして。
10歳の自閉症児こうくんの母です。
もう、この記事を読んで、コメントせず通り過ぎる事なんてできません!!
私も、振り向き返し(にっこりセレブ風)を習得しております!!
http://koumama.seesaa.net/article/9035540.html
まだ自閉症歴7年のひよっこですので、更に磨きをかけ「私は天海祐希よ〜」になれるよう精進します。
又、寄らせて頂きます。
こうまま
URL
2006/04/05 19:29
こうまま様
 振り向き返し、効果ありそうですね。また、確かに遠慮なくジロジロ見る「子供」ではなく「大人」には、さすがに腹がたちます。年配の人に多いような。ああいうおばさんにはなるまい、と思います。
 HP拝見しました。私も学生時代に弓道部におり、道具一式残っていますがそのまま。いつか再開したいと思っています。たくさんの情報がつまったHPですね。これからも遊びに行きたいです。よろしくお願いいたします。
tomoko
2006/04/06 12:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
障害児親子、外出時のイメージトレーニング 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる