障害児Kとおたく母の疾走日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 障害者にぬるく優しい街

<<   作成日時 : 2006/03/09 13:26   >>

トラックバック 0 / コメント 8

Kが訓練を受けたり薬を処方してもらっている郊外の療育病院の近くには、ショッピングセンターやファミレス等が建ち並んでいます。

 母がウルトラマンマックスを見て気分を高揚させた後に、車で出発。まずファーストフード店でお茶をしてから訓練へ。医師の問診を受けて薬をもらい、その後買い物をして帰宅します。

 いつも思うのですが、この療育病院の周囲のお店は、どこへ行っても

      微妙に、ぬるく、そして自然にKたちに優しい。

 K「たち」と書いたのは、この病院があるがゆえに、その周辺にはKのような子を連れた人を他よりよく見かけるから。

 たとえば、セルフサービスのファーストフード店でも、若い店員さんが「お席までお持ちしますよ」と言ってくれます。私がKの手を離すことができないから。

 おもちゃ屋で、レジのお兄さんが「すぐ遊べるように、今電池いれましょうか?」と聞いてくれます。Kがはやくおもちゃをよこせ、というように手を伸ばしているから。

 書店で、ピアスのバイト君が絵本の包みを「はい、どーぞ」と、にっこり微笑みながらKに直接渡してくれます。Kは、それを嬉しそうに受け取ります。

 こちらも負担を感じない程度の、軽くて自然な対応と気遣い。 それはまるで、霧のように漂う優しい気持ちに自然に包まれているようです。

 この街では、そんな気分になることが他の街より多いように感じられます。療育病院の存在がその理由とすれば、こういうのが「バリアフリー」とか「ノーマライゼーション」とかいうものなのでしょうか。

 大げさな親切や同情の目ではない、これくらいのぬるい気遣いが本当に嬉しく感じられる障害児親子です。 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お互いに気を使わず自然に接する事ができている街っていいですね。私がいつも買い物をしているスーパーの前や駅前で障害者の子供達が作ったクッキーやケーキを売っている時があるんですよ。見かけた時は買うようにしています。結構、美味しくできているから皆さんも買っているようです。ガンバって声出して売っていますよ(^-^)
ちいこ
2006/03/09 17:47
う〜ん、いいお話ですね〜。
冷たい視線や対応にあって傷つくことの多いなか、そうやってさりげな〜く押しつけがましくなく、気配りしてくれるって本当に嬉しいですよね〜。
話は全然違うのですが短大がカトリック系で教会があったのですが、何故か近くには身障者のかたが多くお住まいでした。短大には車いすのかたもいらしたし、もしかして居心地のいい地域だったのかな・・?
ちえのすけ
2006/03/09 19:19
ちいこ様
 障害者施設ができる予定地で反対運動がおきたり、できたあとにもめごとがあったりという話も聞きますが、やり方しだいで立派に共存できるのですね。これからも、クッキーやケーキ買って応援してあげてください。
tomoko
2006/03/09 20:06
ちえのすけ様
 そう、あからさまに親切運動とかキャンペーンをはっているわけでもないし、しょっちゅう親切を体験するわけでもないのですが空気そのものが障害者の存在を自然に感じさせてくれる場所ってありますよね。「不自然な存在」でなく「べつにそこにいても当然な存在」としていることができる。その短大の地域も、きっとそういう場所だったのではないでしょうか。
tomoko
2006/03/09 20:12
良いよねぇ、そういうの。私は前、毎日電車で学校に通っていたころ、運転手さんが皆翔ちゃんの大げさなバイバイ!にお返しのバイバイをしてくれてました。うれしかったなぁ。
キョン
2006/03/10 15:58
 はじめまして。うちの弟も自閉症です。
弟を連れて歩くのはだいたい私なので、こういう街はすごく、私自身にとっても楽に歩けるだろうなあと羨ましく思います。
目に見えない障害は視線が痛いから、いつも緊張して歩いてますので(苦笑)。
またこちらのブログをちょくちょく見にこさせてくださいね。
Shin
2006/03/10 21:52
 Shin様
 はじめまして。弟さんとよく外出されるのですか。きっと、弟さんもお姉さん(お兄さん?)のことを信頼しているのでしょうね。
 人の視線は痛いです。慣れると、痛いのが当たり前になるのでかえって気にならなくなりましたが。
 緊張しなくても出かけられる場所が増えて、いずれ社会全体がそうなるといいですね。また遊びにきてくださいね。
tomoko
2006/03/11 14:22
 キョン様
 そう、その運転手さんみたいな気持ちが本当にうれしいんですよねえ。別に、特別扱いしてくれなくてもいいんです。「あなた達の存在は不快でも不審でもありません」と、いろいろな形で表現してくれる人がいますよね。
tomoko
2006/03/11 14:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
障害者にぬるく優しい街 障害児Kとおたく母の疾走日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる